水を飲むと入れ歯が落ちて来る

上顎の入れ歯の後ろの部分が緩いのが原因です。総入れ歯は、吸盤の原理で上顎に付いていますが、入れ歯と粘膜の間に水が入ると吸着力が無くなります。これは、入れ歯の周囲に空気などが入り込むような隙間があるからです。特に後ろの部分を密着させることで、入れ歯が落ちてくることはなくなります。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。