粘膜に当たる部分が柔らかい入れ歯があると聞きましたがどうでしょう?

通常入れ歯は硬いプラスティックでできていますが、粘膜に当たる部分だけ少し柔らかい素材にすることができます。この柔らかい素材は、軟質裏装材と呼ばれ一時期注目を浴びました。しかし、材料の劣化が早く、約1年ごとに取り替えなければならないため、患者さんの負担が大きいため当院では取り扱っていません。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。