患者さんの希望に沿った無理のない治療計画

患者さんは様々な悩みを持ってい来院されます。歯を治すといっても、10人いれば10通りの、いやそれ以上の治療計画が立てられます。

だからと言って、全て患者さんのおっしゃる通りに治療計画を立てればいい訳ではありません。

患者さんの希望をできるだけ取り入れながら、医学的な根拠の基づいた治療計画を立てることが大切です。

1本の虫歯から審美、歯周病やインプラント、お口全体の治療まできちんとした計画をご提案します。

まずみなさんのご希望を伺いゴール設定から


最初に、皆さんがどのようなゴールを希望されているかをお聞きします。
1本だけ歯を治したいのか、不自由なく食事ができるようにしたいのか、あるいは見た目を綺麗にしたいのか。途中で皆さんのお話をさえぎるようなことはいたしません。

いくつかの治療法をご提案


例えば虫歯を治すといっても、金属、セラミック、硬質のプラスティックなど様々な材料があります。それぞれどういった長所と短所があって、どれを使うべきか専門家ではない皆さんにもわかりやすく説明します。皆さんのお口の中の現状を踏まえ、いくつかの治療法をご提案します。

過去の症例を参考に

これまで治療してきた多くの方のご好意で、たくさんの治療前後の写真を皆様にご覧いただくことができます。言葉でこう治しますといってもピンときませんが、写真なら百聞は一見に如かず。
同じような症例の写真をご覧いただくことで、治療後のイメージがしやすくなります。特に審美領域の治療の場合、とても有効です。


症例集はこちらから

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。