プラスティックを詰めても長持ち

当院で最も多い治療です。銀歯を外してコンポジットレジンと呼ばれるプラスティックで治しています。左が術中、真ん中が処置直後、右が6年後の写真です。

6年経ってもほとんど変化は認められません。

どの歯がインプラントかわからないような仕上がり

失われた歯をインプラントで治療しています。

綺麗なセラミックを入れることは歯科医にとってそれ程難しいことではありません。ある程度の技術があれば後は腕のいい技工士に依頼すればきれいに作ってくれます。

しかし、歯ぐききれいに整えたり、長期に安定するものを作ることはとても難しいこととなります。

「最初はきれいだったけどすぐに見苦しくなってしまった。」では本当の意味で治ったとは言えません。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。