歯科医院らしくない歯科医院!

ほとんどの方に歯医者のイメージを伺うと、「怖くて行きたくないところ」との返事が返ってきます。それでも、虫歯になれば行かなければなりません。


かつて歯科医院といえば白やパステル色を基調として内装で、これから痛い思いをするのではないかとビクビクしている患者の気持ちなどまるで構わないような受付のお姉さんの笑顔に見守られながら、「キィーン、キィーン」と身も縮みあがるような音に怯え、なぜか暗い気持ちにさせるような独特の消毒臭に包まれながら、待合室で今か今かと自分の番を待たなければなりませんでした。


しかし、昨今の歯科医院は美容院やエステサロンのようなオシャレな空間を演出するところが増えてきました。それでも不思議なことに、いくら見た目がオシャレできれいになっても歯科医院は「歯科医院!」というイメージが強く残ってしまいます。


そこで、当院はその「歯科医院!」の壁を打ち破るべく様々な工夫を凝らしました。


装飾当院は、「音」「光」「空気」にこだわって設計しました。

「キィーン、キィーン」という音は、エアタービンというかつて主流だった切削器具が原因です。ソフトタッチで切れ味もいいため現在も使うことがありますが、当院ではできるだけ音の静かな電気モータを動力源としたエンジンを使っています。また、治療スペースを個室としているため外部の音を遮断して落ち着いて治療できるようにしています。


メインの治療室は専用のオーディオシステムを使いリラックスできるようなBGMを流し、どうしても発生してしまう不快な音からできるだけ気を紛らわすよう配慮しています

個室のような狭いところに閉じ込められると閉塞感を感じる方も多いと思います。また、外部から遮断されると、不安を感じる方も多いと思います。


そこで、パーテションを見えそうで見えないガラスにすることで周囲の光を取り入れ、個室内を明るくし、外部の人の気配を感じられることで安心感が生まれるようにしました。

空気

時々「ここはなぜか歯科医院の感じがしない」と言われることがあります。その中でごく一部の方がそのカラクリに気づかれました。


それは、薬品臭がしないように工夫しているのです。各個室はそれぞれ独自の換気システムを備えています。しかも、換気により外部の暑さや寒さを取り柄れないような熱交換システムを備えたものを取り入れています。更に滅菌や消毒を行うスタッフルームの匂いが診療室や待合室に流れないよう、受付からスタッフルーム方向に空気が流れるよう設計しました。

色々な工夫

他にも色々な工夫をして、皆さんができるだけ不快なイメージを持たないよう配慮しています。

余談ですが、当院のトイレは特別な防音仕様となっています。個室内の音はほとんど外部に漏れることはありません。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。