本当の意味での感染対策とは

感染対策というと一切菌が侵入しないようにすることと皆さんは考えるかもしれません。しかし、医療における感染対策とは「外部から侵入した菌やウィルスにより病気を発症させないようにすること」となります。

肝心なのは「病気を発症させない」ことなのです。

例えば、一切菌を入れないようにするのならば、口をゆすぐコップも完全に滅菌しなければならなくなってしまいます。そうなると、外食時に出されるコップにも感染のリスクが潜んでいることになります。缶ジュースなんて全く飲めなくなります。アルコール消毒しても一部のウィルスは生き残ります。

感染対策で押さえるべきポイント

7195.jpg
なぜこんな話をするのかというと、皆さんの考える感染対策と医療における感染対策の見るべきポイントが違うということをわかっていただきたいのです。


最近では患者さんの見る目が厳しくなり、私たち医療関係者に注がれる目も年々厳しいものななってきています。しかし、その厳しさも医療サイドからすると見当違いなところにスポットが当たることが度々あります。それどころか、肝心なところ見落としていることが多々あります。

グローブは一人の患者さんでも何枚も取り替える

グローブは患者さんごとに取り替えなけらばなりません。そして診療室を離れるごとに取り替える必要があります。要は、グローブが清潔でない部位に触れたら取り替えなければならないということです。

患者さん毎の滅菌パックは当たり前

治療に使う器具が滅菌されれているのはもはや当たり前になりました。ミラーやピンセット、切削に使うタービンなどが滅菌パックから出されるのはもうご存知のことかと思います。


しかし、感染対策はこれだけではありません。

術者が触るところもしっかりガード

私達スタッフが触る場所も対策が施されている必要がります。照明のハンドル、切削器具やエアーなどを置くところなど、術者が手を触れる場所にバリアを施さなければなりません。

とても大切なのだけれど見落としがちなところ


意外に皆さんご存知ないのが、水と空気を混合させて歯面を洗う気銃(シューシューとしているやつです)の先端。コストがかかるため取り替えずにアルコールで拭いているだけのところが多いのが現状です。


ここに挙げたのはほんの一例で、皆さんの健康を守るため当院では徹底した感染対策を施しています。安心して治療をお受けください。

高度な感染対策意識

当院では定期的な感染予防に対する講習に参加したり、定期的なミーティング(最低月に1度)をおこなって医療安全に勤めています。また医薬品の使用期限なども月に1度チェックしています。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。