わかりやすくていねいな説明が必要です

上にあげた最初の例で「虫歯を削って銀歯を入れますね。」と説明を受けたとしましょう。でも皆さんにとってこれで十分でしょうか?この場合、皆さんが本当は大きな虫歯の可能性が高いのに、小さな虫歯だと思い込んでいることを説明しなければ誤解を生じてしまいますね。

また2つ目の例では、治療の直後に「痛みが出ることがありますが、心配しないで下さい。」と説明を受けて入れば、痛みが出たとしても「先生の言った通り」のことが起こったと受け止め、歯科医のことを不信に思われるどころか、かえって信頼を得ることになります。

良い信頼関係を作るにはわかりやすくていねいな説明が必要不可欠なのです。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。