初診時に患者さんのお口の状態を写真を使って細かく説明

なかなか見られない写真
皆さんはご自分の歯を細かいところまで見たことがありますか?お顔のシミなら小さなものでもすぐ気がつくのに、虫歯は痛くなるまで気づかないなんてことありませんか?歯科治療はまず、お口の中を詳しく見ることから始まります。

ルーペレベルの拡大写真
左が肉眼レベル、右がルーペレベルです。初診時にこうした写真を10枚以上撮影し、皆さんの歯がどのようになっているのかを、ルーペレベルの拡大率でご覧いただきます。


撮影した口腔内写真やレントゲン写真は、ご希望の方にホームページ中の患者さん専用ページから認証ダウンロードできるようにしています。ご自宅でじっくりご覧いただいたり、過去の記録として保管することができます。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。