【無痛治療】痛みの少ない歯科治療

歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで当院では麻酔の際に、きわめて細い注射針を使い、最初に刺さる痛みを低減しています。また、ご希望の方には表面麻酔を使って痛みを軽減しています。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるためにおこなう麻酔方法。患部に塗るだけでだんだんと歯肉の表面が麻痺していくので、麻酔針の「チクリ」がなくなります


また、麻酔液を注入する際も高度なテクニックを使い、不快感を与えないように最大限努めています。「治療が怖くて歯医者に行けない」という方、ぜひ当院までご相談ください。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。