【審美歯科】歯の美容整形。美しい口元を手に入れる

笑うと銀歯が見えて気になる
歯や歯肉の色が気になる
笑顔に自信を持ちたい

そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?そんな方にお勧めなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。「白いかぶせ物」「詰め物」をほどこし、歯を白くしたり、歯並びを改善することができます。最近では、気軽に健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。このページでは、当院の審美歯科についてご紹介いたします。


【クリーニング】歯の表面をツルツルにする
【ホワイトニング】歯を削ることなく白くする
【オールセラミック】天然の歯に近い被せ物
【ラミネートベニア】歯にチップを貼り付けて美しく見せる
【レジン充填】削る量も少なく、白い歯になれる治療法

【クリーニング】歯の表面をツルツルにする

歯をきれいにする第一歩は、まずクリーニングからといえます。歯をきちんと磨いているつもりでも、意外と磨けていない方が多いようです。特に、紅茶やタバコなどの嗜好品は着色しやすく、定期的なクリーニングが必要となります。

当院では歯石などの汚れを取り除いた後、特殊な研磨剤を用いて、歯をできるだけ傷つけないように汚れを取りつつ、表面を滑沢に仕上げます。表面が滑沢になると、汚れがつきにくくなります。歯本来の色と艶を出してあげることで、歯本来の自然な美しさを引き出すことができます。


【ホワイトニング】歯を削ることなく白くする

天然の歯が本来持っている色よりもさらに白くしたいのであれば、漂白という方法があります。これは、歯に漂白剤を塗布して、歯を白くするものですが、現在は良い製品が出回っており歯にダメージを与えることはほとんどありません。また、手法もいろいろありますが、ホワイトニングコーディネーターがあなたに合った方法をアドバイスいたします。

当院では、ご自宅で行うホワイトニングと医院内で行うホワイトニングをご用意しています。それぞれ一長一短がありますので、ご相談ください。


当院のホワイトニングについて詳しく知る

【オールセラミック】天然の歯に近い被せ物

歯の神経を取ってしまっていたり、古い被せ物が変色している場合、金属を全く使わず、セラミックだけで仕上げたものを被せることで、とてもきれいに仕上げることができます。ただし、歯をたくさん削らなければならないため、既に別の被せ物が入っていたりとか、大きな虫歯があるといった場合でないとおすすめはできません。

<メリット>
・天然歯と同じような色調を作り出せるため、非常に美しい
・金属を使っていないため、アレルギーの心配がない

<デメリット>
・メタルボンドに比べ、強度が劣る


【ラミネートベニア】歯にチップを貼り付けて美しく見せる

いろいろやっても歯が白くならないような場合、一歩踏み込んだ治療を行います。これはラミネートベニアと呼ばれる手法で、歯の表面を薄く削り、セラミックを貼付けるというやり方です。歯を削るというダメージはありますが、色と形を確実に変えることができます。

<メリット>
・少ない治療回数で歯を白くできる
・治療後の変色がないこと
・ホワイトニングのように色の戻りがない
・歯の表面を薄く削るだけなので痛みはない

<デメリット>
・健康な歯を削る必要がある
・外れたり、割れることがある

【レジン充填】削る量も少なく、白い歯になれる治療法


銀歯にはなりたくないけど、セラミックの歯は高いし...」と悩んでいる方はいませんか?「レジン充填(じゅうてん)」はそんな方にオススメの治療方法です。この治療は、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという白い歯科用プラスチックを詰める方法です。

かつての虫歯治療では、歯を削った後に詰める"詰め物"は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金による修復法しかありませんでした。しかしコンポジットレジンと呼ばれる白いセラミックとプラスティックのハイブリット素材を使うことで、よりリーズナブルに白い歯を手に入れることができます。

また、レジン充填は、1回の通院で治療が完了するため、仮の詰め物による不快感がありません。さらに歯を削る量が少なく、削った面にすぐに接着剤を塗布するために、仮の詰め物を入れている時に比べて感染のリスクが非常に少ないのも特徴です。

<メリット>
・1回で終わる
・歯を削る量が少ない
・歯と同じ色できれいに仕上がる
・削った面にすぐ接着剤を塗布するために、感染のリスクがなく、高い接着力が得られる

<デメリット>
・技術的に難しく、きれいに仕上げるには時間がかかる
・奥歯において、隣接面(歯と歯の間)に詰めるのは特に難しい
・隣接面では強度不足により破折しやすい
・時間がたつと劣化により変色する(使う材料や研磨方法によっても異なります)

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。