【レジン充填】削る量も少なく、白い歯になれる治療法


銀歯にはなりたくないけど、セラミックの歯は高いし...」と悩んでいる方はいませんか?「レジン充填(じゅうてん)」はそんな方にオススメの治療方法です。この治療は、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという白い歯科用プラスチックを詰める方法です。

かつての虫歯治療では、歯を削った後に詰める"詰め物"は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金による修復法しかありませんでした。しかしコンポジットレジンと呼ばれる白いセラミックとプラスティックのハイブリット素材を使うことで、よりリーズナブルに白い歯を手に入れることができます。

また、レジン充填は、1回の通院で治療が完了するため、仮の詰め物による不快感がありません。さらに歯を削る量が少なく、削った面にすぐに接着剤を塗布するために、仮の詰め物を入れている時に比べて感染のリスクが非常に少ないのも特徴です。

<メリット>
・1回で終わる
・歯を削る量が少ない
・歯と同じ色できれいに仕上がる
・削った面にすぐ接着剤を塗布するために、感染のリスクがなく、高い接着力が得られる

<デメリット>
・技術的に難しく、きれいに仕上げるには時間がかかる
・奥歯において、隣接面(歯と歯の間)に詰めるのは特に難しい
・隣接面では強度不足により破折しやすい
・時間がたつと劣化により変色する(使う材料や研磨方法によっても異なります)

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。