【根管治療】進行してしまった虫歯でも抜かずに残せる

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」

「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」
こんな歯の悩み、トラブルを抱えている患者さんはいませんか?そんな方にお勧めなのが、当院の「根管治療」とよばれる歯科治療です。この治療をきちんと行えば、虫歯に侵されてしまった歯を助けることができます。


「根管治療」とは、死んでしまった歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。神経まで及んでしまった虫歯を放置しておくと、最終的には抜歯となってしまいます。こうした状況を阻止し、ご自身の歯を残すことができるのが根管治療というわけです。歯の根のトラブルでお悩みの方、ぜひ一度当院までご相談ください。

神経を取ったのに、ずっと強い痛みが引かない。

これは痛みがひどく、患者さんにしてみれば1秒でも早く痛みを取って欲しいと思われるほど深刻なものです。

中には1ヶ月この痛みに悩まされ「こんなに痛いのなら歯を抜いて欲しい。」「夜も眠れず、気がおかしくなりそう。」と疲れ切った様子で来院される方も少なくありません。

このような症例は、まず間違いなく「神経が残っていて、炎症を起こしている。」ことが原因です。

治療は時間がかかることもありますが、丁寧に取り残している神経の細い管を探し、神経を取り除いてあげれば、一発で治ります。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。