【歯周病治療】進行してしまった歯周病にも対応

「ブラッシング時に出血する」
「口臭が気になる」
「歯肉がむずがゆい、痛い」
「歯肉が赤く腫れている」

こんな症状を抱えている方はいませんか?もしかするとあなたの歯茎は既に歯周病に冒されているかも知れません。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。歯周病の怖さは、自覚症状があまりないままに進行することです。こうした症状があればすぐ歯周病の検査を受けていただくことをお勧めします。

このページでは当院の歯周病治療についてご紹介します。

歯周病の治療方法を教えてください
進行してしまった歯周病にも対応

歯周病の治療方法を教えてください


まず、歯周病はどこに汚れがあるのかわからなければ何も始まりません。特に、歯周ポケットの中の汚れは目で確認することができないため、プローブと呼ばれるもので汚れの確認をする必要があります。そして、汚れの付き具合によって、どの方法で歯をきれいにしていくかを決めていきます。

どこに汚れがあるかどうか分かれば、汚れをシッカリ取ることが大切です。まず、患者さんには歯磨きの練習をしていただき、日々の汚れを確実に落としていただきます。歯にこびりついた歯石はブラッシングではとれないため、歯科医院でこれを除去します。

ただ、これがくせ者で、お口の中の目に見えるところだけではなく、目に見えない歯周ポケットの奥の方までこびりついていることが多く、とても手間暇のかかる作業になります。


エアーフロークリーニング
超微粒子撥水パウダーを一定の水と一緒に吹きつけ、タバコのヤニや茶しぶなどで汚れている箇所を清掃する短時間で簡単にできるクリーニングです。

研磨剤を用いた歯の研磨
研磨剤を用いてわずかながら歯の表面を削ってしまう為、頻繁には行えませんが、汚れと同時に歯の表面をつるつるに磨き上げます。

スケーリング
スケーラーとよばれる専用の手用器具を用いて、歯石を除去していきます。

進行してしまった歯周病にも対応


中等度以上の歯周病は歯の周りの骨が吸収され、骨が失われてしまっています。この骨の吸収は、ほとんどの場合、歯周病が完治しても元の形には戻りません。そこで、歯周病で吸収されてしまった骨を回復させるために、「再生治療」といわれる治療をおこないます。この再生治療には高い技術が必要とされ、歯科医師であれば誰でもこの治療ができるというわけではありません。

エムドゲイン法

1回の治療で効果が現れ、GTR法のように、再手術は不要な治療方法です。欧米人に比べ日本人の歯肉は薄いため、GTR法の手術が困難な上、術後の細菌感染が心配されています。そこで研究・開発されたのが、エムドゲイン法です。


これは歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いたあとにエムドゲインゲルを注入し、歯周組織を再生させる治療法です。


ただし、GTR法に比べ、再生できる範囲が狭まるため、広範囲での再生には適しません。
ところでエムドゲインは、スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、子どもの成長期には欠かせない物質です。現在、世界中に普及し、感染症などの報告がなく、安全で治療効果が高いとされています。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。