【矯正治療】あなたの笑顔をさらに魅力的に

「歯並びが気になって、人前で大きな口を開けて笑えない」
「口もとの自信のなさから、思い切りオシャレを楽しめない」

そんな悩みを抱えている方はいませんか?こうした悩みを解決するのが矯正治療です。しかしながら、治療中の見た目の問題や、治療期間などから矯正治療をためらっている方は少なくありません。

このページでは、当院の矯正歯科についてご紹介します。

【透明な矯正装置】歯となじむ装置を付ける矯正
【舌側矯正・裏側矯正】歯の裏側に装置を付ける矯正
【インプラント矯正】非抜歯矯正の可能性が高まる
【矯正治療の治療期間】より安心できる治療を目指して


【透明な矯正装置】歯となじむ装置を付ける矯正

以前は、矯正装置といえば金属でできており、若い女性は当然のこと、誰も好んでつけたいと思うような代物では有りませんでした。しかし、最近では見た目を考慮した透明な装置が数多く製品化されています。

この装置は「セラミックブラケット」とよばれ、歯に装着するパーツが白いセラミック(陶器)でできているため、歯とよくなじみ、人に気づかれにくいのが特徴です。もちろん全く目立たない訳では有りませんが、以前に比べずいぶん目立たないものになってきています。


【舌側矯正・裏側矯正】歯の裏側に装置を付ける矯正

舌側矯正・裏側矯正はリンガルブラケットといわれる特殊な矯正装置を、歯の裏側に装着する矯正方法です。装置を歯の裏側に着けるため、顔の印象がまったく変わりません。なかには、「家族でさえも打ち明けるまで気づかなかった」という患者さんもいるほどです。


舌側矯正・裏側矯正には年齢制限はありません。子供から大人の方まで可能です。最近では、50代~60代の方が舌側矯正・裏側矯正を選ばれるケースも増えています。また、治療期間や治療結果も、表側の矯正治療と同様の成果が得られます。


【インプラント矯正】非抜歯矯正の可能性が高まる

インプラント矯正とは、チタン製のスクリューを骨に埋め込み、それを支点にして歯を動かす最新の矯正治療です。歯を動かすための強固な固定源ができるため、抜歯治療が必要であったものでも非抜歯での治療が可能になったり、治療期間の短縮が期待できます。また、顎の骨を切るような大掛かりな手術が必要な外科矯正を回避できるケースもあります。

歯茎に入れるスクリューは、直径1.6~2.0mmしかない小さなピンのようなものです。麻酔を使用し埋入するので、痛みはほとんどありません。除去も非常に簡単で、麻酔の必要もないほどです。


【矯正治療の治療期間】より安心できる治療を目指して

「治療期間を短くできないでしょうか?」という質問を患者さんからよくいただきます。しかし、通常の矯正治療をする限り、残念ながら答えは「ノー」です。歯の移動を急ぐあまり強く力をかけすぎてしまうと、歯の根が溶けて短くなってしまうからです。

短くなってしまった歯の根は、軽度であれば特に問題にならないケースが多いのですが、重度の場合には隣の歯と繋いで補強をしたり、最悪抜歯をしたりする必要があります。患者さんの大切な歯を守るためにも、強すぎる力をかけることはできないのです。

※ただ、最近欧米ではコルチコトミーと呼ばれる画期的な手法が一部で用いられています。これは、歯の根の周囲の固い骨に切り込みを入れて、骨ごと歯を移動させ、骨が固まるのを待つといった手法です。骨は1ヶ月ほどで再生しますから、あっという間にきれいになります。ただし、手術が必要なことと通常の矯正治療より割高になります。ご興味の有る方はご相談ください。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。