【矯正治療の治療期間】より安心できる治療を目指して

「治療期間を短くできないでしょうか?」という質問を患者さんからよくいただきます。しかし、通常の矯正治療をする限り、残念ながら答えは「ノー」です。歯の移動を急ぐあまり強く力をかけすぎてしまうと、歯の根が溶けて短くなってしまうからです。

短くなってしまった歯の根は、軽度であれば特に問題にならないケースが多いのですが、重度の場合には隣の歯と繋いで補強をしたり、最悪抜歯をしたりする必要があります。患者さんの大切な歯を守るためにも、強すぎる力をかけることはできないのです。

※ただ、最近欧米ではコルチコトミーと呼ばれる画期的な手法が一部で用いられています。これは、歯の根の周囲の固い骨に切り込みを入れて、骨ごと歯を移動させ、骨が固まるのを待つといった手法です。骨は1ヶ月ほどで再生しますから、あっという間にきれいになります。ただし、手術が必要なことと通常の矯正治療より割高になります。ご興味の有る方はご相談ください。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。