【インプラント矯正】非抜歯矯正の可能性が高まる

インプラント矯正とは、チタン製のスクリューを骨に埋め込み、それを支点にして歯を動かす最新の矯正治療です。歯を動かすための強固な固定源ができるため、抜歯治療が必要であったものでも非抜歯での治療が可能になったり、治療期間の短縮が期待できます。また、顎の骨を切るような大掛かりな手術が必要な外科矯正を回避できるケースもあります。

歯茎に入れるスクリューは、直径1.6~2.0mmしかない小さなピンのようなものです。麻酔を使用し埋入するので、痛みはほとんどありません。除去も非常に簡単で、麻酔の必要もないほどです。


まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。