「ピンクの部分」にまでこだわる

入れ歯のピンク色の部分を床といいます。床の形は、食べ物の流れをコントロールしたり発声時の音を作るのにもとても影響を及ぼします。ですから、一見何の変哲もなさそうなピンクの床も、より快適な入れ歯を作るためには非常に重要な役割を担っています。こうした細部のこだわりがピッタリの入れ歯作りに必要な作業なのです。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。