当院院長の入れ歯治療のこだわりとは?

模型と対話する
例えば、土手の凹凸を見ていると、歯周病で歯を失ったのか虫歯で歯を失ったのかおおよそ見当がつきます。また、この患者さんは噛む力が強いのか弱いのか、右で噛んでいるのか左で噛んでいるのかといったことまで解ってきます。


このように診断用模型と向き合いながら、入れ歯の設計をしていきます。どの当たりに歯を並べようかとか、入れ歯の長さはどのへんにしようとかいったことを考えながら、診断用模型に入れ歯の設計図を書き入れていきます。

高度な技術を必要とされる型取り
設計図どおりの型が取れるよう、診断用模型を使って専用のトレーを作ります。2回目の型は、そのトレーを使って、筋肉の動きや粘膜のひだなどを考慮に入れた型を取っていきます。これが、入れ歯の最終的な形態になります。

この型取りはとても難しいステップです。粘膜は柔らかいので、術者の力加減や患者さんのお口の動かし方によって形が変わってしまいます。違和感の少ない安定した入れ歯を作るためには、とても大切なステップといえるでしょう。



解剖学的な情報を組み合わせ、噛み合わせを取る
上下の歯がいくらか残っていて、噛む位置が決まっていれば噛み合わせの位置を取ることは難しくありませんが、全く歯がないような場合は、咬合床と呼ばれるものを作って噛み合わせを取ります。

しかし、歯が無いとどこで噛ませたらいいのか解りません。そのため、出来るだけ多くの解剖学的な情報(舌の位置とか、唇の位置、話した時の顎の位置などたくさんあります)を参考にしながら、正しい噛み合わせの位置に誘導しなければなりません。このとき、診断用模型で観察したことがとても役に立つのです。


まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。