入れ歯の専門家である当院院長

部分入れ歯は残っている歯に入れ歯を固定しますが、総入れ歯は固定源が全くありません。粘膜に吸盤のようなしくみでくっついているだけです。そのため、総入れ歯の製作技術は特殊なものであり、技術の研鑽が不可欠です。ですから、入れ歯を作るのなら当然専門家のところで作るべきでしょう。


当院院長は、大学院では高齢者歯科学を研究。また卒業後も10年余り高齢者の歯科治療に携わってきました。現在まで製作してきた入れ歯は、多い時には年間200症例以上数多くの入れ歯を作りながら、試行錯誤を繰り返した経験があります。当院では、入れ歯の製作は模型作りから人工歯の配列まで、ほとんど院長が直接行っています。


まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。