口が開かなくなったらすぐ受診を

顎関節症は、痛みや違和感が少ないものが多く、そのまま放置してしまう患者さんがいらっしゃいます。しかしながら、顎関節症は口が開かなくなれば、すぐに受診されなければさらに進行してしまいます。

ケースにもよりますが、口が開かなくなり1カ月、2カ月と放置してしまうと、手術などが必要になるケースもあるのです。基本的には顎関節の症状が出ましたら、一度受診していただくことをお勧めします。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。