患者さんのいろいろなニーズに手広く答えられる

よく患者さんから「先生の得意な治療は何ですか?」と聞かれるんですが、いつも答えに困ってしまうんですよ(笑)。自慢しているわけではないんですが、私自身かなりオールマイティーな治療ができると思っています。

大学では入れ歯治療を専攻。中でも総入れ歯を集中的に研究しました。また開業前に勤務していた病院は高齢者の方が多く、不自由な体になったハイリスクの入院患者さんを診ることも少なくありませんでした。ですから、入れ歯に関してはかなり幅広く製作を行ってきたつもりです。また現在でも母校である東京医科歯科大学で、高齢者歯科学の客員臨床准教授も務めています。他にも、学会やセミナーに参加しながら、難易度の高い治療といわれている「歯周外科」や、「インプラント治療」も勉強し、現在まで数多くの治療を行ってきました。ですから「これが得意です!」と選ぶことができないんですね。

歯のトラブルを抱えた患者さんは、大概多くの問題を抱えている場合が多いんです。そんな方に総合的な診断や治療ができることは、患者さんにとって大きなメリットです。患者さんのどんなニーズにも手広く答えられることは、医師として重要なことだと考えています。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。