患者さんとの信頼づくりに全力を注ぎます

私が診療において最も大切にしているのは、患者さんとのファーストコンタクトです。初診で患者さんの話をしっかり聞きます。そして、不安は何か、目的は何かを知る。それを聞き出せないと先には進めません。勤務医だったころからの私のこだわりです。

こうして直接お話を伺うことは、患者さんの本当の悩みや不安をシッカリ理解することにつながります。その上で、治療に関して未知の部分をなくして、痛みに対する恐怖やこれから自分の歯はどうなるのかという不安を取り除く説明をします。こうした丁寧なステップの積み重ねが、患者さんとの信頼関係につながり、結果的によい診療につながるわけです。

ですから、「話はいいから、とにかくここだけ治して」という患者さんには、お断りすることもあります。何も患者さんを選んでいるわけではなく、こうした断片的な対症療法では、長い目で考えたときに患者さんのためにならないからです。当たり障りのない治療が、結果的に歯を悪くしてしまう。患者さんの歯の健康を長期的に考えるのが、歯科医師の使命。歯を失ってしまうような診療を提供するのは、プロ失格だと考えています。

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。