自然なブリッジ

●まるで歯の根があるかのように見せます

歯を抜くとその下の歯肉がやせてしまいます。ただ、その上にダミーの歯を作っても不自然になってしまいます。そこで、一工夫することで見違えるような仕上がりになります。

●審美性を損なったブリッジ

  

歯を抜いてしまうと、その下の骨が吸収してしまい、歯肉画やせて凹んでしまいます。最初の写真は、歯肉形成術の前のものですが、頬舌的な厚みが薄くなっているものの、歯肉の高さは十分にあります。そのため今回は、ダミーの歯を入れたい部分の歯肉を切開し、歯の根元にスライドさせて、やせた歯肉を厚くすることにしました。次の写真が手術直後のものです。ダミーの歯の中央部にあった歯肉が、崖崩れでも起きたように歯の根元の方に移動して、根元が分厚くなっているのがお分かり頂けると思います。ちょっと痛そうですが、触らなければほとんど痛みはありません。仮歯を調整して歯肉の形を整えながら約半年程歯肉の成熟を待ちます。最後の写真は、型を取る直前のものです。最初と比べてみてください、きれいに歯の形と相似形の歯肉になっています。

●歯を替えるだけで笑顔も変えることができました

       

左が完成してすぐの写真です。ダミーの歯の根元の歯肉の形が隣の歯ときれいな対称形になっていますね。これだけ見たら、歯がないとは思えませんよね。切った歯肉はどうなってしまうのか?右が約4年後の写真です。歯の根元にプラークが付いていたため若干炎症が認められますが、歯肉のボリュームはほとんど変わっていません。患者さんは、前歯が気にならなくなったので、人前で口元を気にすることなく笑うことができるようになったとおっしゃっています。ほんのちょっとしたことで、笑顔まで変わってしまいました。

今回のように、歯肉が比較的多く残っている場合は、簡単に歯肉の形態を修正できますが、歯肉がない場合は、他から歯肉を移植して回復することができます。
歯肉形成術は一見痛そうですが、皆さんが思った程痛くないとおっしゃっているように、あまり痛みはありませんのでご安心ください。

オールセラミック  ¥110,000×3 = ¥330,000(税抜き)
歯肉形成術      ¥20,000(税抜き)

症例一覧にもどる

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。