歯の根元をきれいにしました

●歯の根元は虫歯になりやすく危険です

加齢変化や歯周病や歯の磨き過ぎなどで歯茎が痩せてしまうと、虫歯になり安くなり危険です。これは歯の根元は、エナメル質という硬い層がなく、柔らかい象牙質という層が露出することが要因です。えぐれてしまったら、表層を硬質レジンで覆い、虫歯にならないよう修復しましょう。

●くさび状欠損

       

ご自分の歯を確認してください。このように根元がえぐれてしまってはいませんか?このように斧で切れ込んだかのような欠損は、主に歯ぎしりやくいしばりなどの強い力が歯に加わることで、歯がたわみ、根元が欠けてしまうと考えられています。黄色い部分は、象牙質と呼ばれる層で、エナメル質に比べ柔らかく、虫歯になりやすいため、このまま放置するのは危険です。これは、虫歯ではないため削る必要はなく、表面処理して硬質レジンを詰めれば、ご覧のようにきれいになります。

●古い硬質レジンの詰め直し

       

これは、昔詰めた硬質レジンの辺縁の接着がなくり、隙間に汚れが入ってしまったものです。若干、虫歯にもなっていましたが、ほとんど古い硬質レジンを取るだけで済みました。取った後は、ご覧のようにもう一度硬質レジンを詰め直せば、あっという間にきれいになります。

さて、今回の修復はあまり多くの色を使っていません。写真で拡大するとご覧のようにすぐ判ってしまいますが、お口の中は意外と暗く、それほど目立ちません。ただ、もっときれいな修復をご希望でしたら、保険適用外の材料を使い、細かい色合わせを行いますのでご相談ください。

症例一覧にもどる

まずは、お気軽にお口のお悩みをご相談ください。