« 2017年7月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2011年8月31日

銀歯の治し方 ダイレクトボンディングのステップ

今日はいつも行っている「銀歯を白い歯に!」の手順をステップごとに解説します。当院で最も頻度の高い治療であるとともに、患者さんからの問い合わせも最も多い治療です。

術前です。一見問題なさそうです。

金属を外してみるとこんな感じです。これまで治療してきた銀歯の9割以上が二次齲蝕とよばれる虫歯になっています。

とりあえず明らかに虫歯だと思われるところを削り取り、虫歯を染め出す液を使って虫歯の取り残しがないかどうか確認します。

ピンク色に染まっているところが虫歯です。こうすると分りやすいですね。ピンク色の部分だけ丁寧に削り取ります。
 

これで、虫歯を取りきりました。茶色い部分はピンクに染まっていないので削らなくても大丈夫です。

コンポジットレジンは、光を当てることで固まるように出来ていますが、固まる時に収縮が起きてレジンと歯質との間に隙間が出来てしまうことがあるため、流れのいいレジンを薄く塗って隙間が出来ないようにします。

ここからは、彫刻です。元の歯と同じような形に仕上げていきます。溝や山も忠実に再現していきます。もちろん色にも気を使ってます。
 

そして、レジンでの築造が完成しました。

噛み合わせを調整し、最後に仕上げ研磨です。
 

たった1回の治療でご覧の通り元あった歯のように修復しました。その日から普通に使えます。

この症例の場合、治療時間は約1時間。費用は自由診療で¥15,750。2年保証。

銀歯を白くしたいとのご希望なら、お気軽にご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月25日

歯ぐきも審美

今日は、当院のホームページをご覧になって前歯を奇麗にして欲しいと来院されたケースをご紹介します。

写真をご覧ください。ぱっと見ただけで、前歯の人工物だけやり直せば奇麗になる訳ではないことがお分かり頂けると思います。問題は写真向かって右上の歯ぐき。さてどうしましょう?

右上の歯の根元にレジン充填がされています。問題はその下がどうなっているか。

幸いなことにレジン充填を除去したら虫歯のない歯根が出てきました。すぐさま歯根を奇麗にして経過を見たところ、ご覧のようにあっという間に歯肉の状態が改善されました。でもまだ歯の長さが違いますね。そこで1テクニック使いました。

そして完成です。手術などすることなく奇麗な歯ぐきを作り出すことに成功しました。
 

今回のケースでは、レジン充填を除去した段階である程度のゴールが見えてきました。それでも経過次第では歯肉の切除なども必要になることを患者さんには説明していました。患者さんには大変喜んで頂き、私としても歯医者冥利に尽きる思いです。

この患者さんは、もともとネットで様々な医院を調べた上で当院を選んで頂き、わざわざ電車に乗って通って頂いています。私たちとしてはこれほど嬉しいことはありません。患者さんの労に対し、結果で応えることができて何よりでした。

前歯が気になってお悩みの方、まずはご相談ください。患者さんのご希望にあわせて様々な治療法をご提案致します。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月24日

成長因子を使い歯牙移植

つかの間涼しさでしたが、明日からまた暑くなるようですね。気候の急激な変化で体調を崩さないよう、十分にご注意ください。

さて、当院は歯牙移植をホームページやブログで掲載しているため、移植のお問い合わせをよくいただきます。今回も、移植を行っている医院を探されていた方が当院にいらして頂きました。

まずは、術前の写真です。一見して抜歯が必要かと判断できます。

早速前処置として、移植する親知らずの神経を取っています。

レントゲン写真左上の親知らずを下の一番奥の歯に移植しようと思います。しかし、歯の崩壊が著しく、歯根が浮き上がってきているため、抜歯しても移植する親知らずの根がすっぽり入るだけの穴が開きません。そのため、移植時には親知らずの根が入るだけの穴を掘る必要があり、結構難しい症例です。

抜歯直後の状態です。ご覧のように歯を退いた後は血が出てき見づらいために、移植歯にぴったりとした穴を削るのは至難の業です。

なかなか思うようにいかず、レントゲンを撮って引っかかっているところを確認しました。手前の方がまだ浅いようです。

当院では移植の成功率を上げるためにPRGFと呼ばれる血小板に含まれる成長因子を使用しています。これは自己血を遠心分離機にかけて、中間にある血小板を濃縮して取り出します。これを移植しする部位にたっぷり流し込みます。

所定の位置に歯が入ったところです。歯が飛び出さないように糸で固定しています。

案外うまく入りました。

1週間後の様子です。歯ぐきも奇麗で感染している様子はありません。心配した腫れや痛みもそれほどなかったそうです。

結果は2ヶ月後。

当院では、インプラントの前に移植が可能かどうかまず検討しています。実際問題としては、インプラントに比べ移植の方が技術的に難しいことも多く、適応は限られますが、一考することで納得のいく治療の選択ができると考えています。

お気軽にご相談ください。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月18日

奇麗で丈夫なセラミック

毎度同じような出だしで申し訳ありませんが、本当暑いですね。
毎朝通勤で3km歩いているのですが、いくら気温の低い朝だといっても、このところの暑さは尋常ではなく、さすがにオフィスに着くと汗が噴き出してきます。

さて、このところプライベートな話題ばかりでしたので、その間にこなした症例を少しずつご紹介していきたいと思います。幾つかあるのですが、患者さんに掲載の了承を得られたものから順次アップしていきます。

まずはこの症例から。1本だけすべてセラミックの歯があります。どれか判りますか?

ヒントです。下顎にあります。

さらにもう一枚。

もうお判りですね。正解は次の写真で

「これくらいならすぐ判るよ。それがとうしたの?」と聞こえてきそうですね。

今回は、見た目の良さが特に優れているといった訳ではありません。凄いのはその硬さです。

数年前までは、セラミックといえばメタルボンドと呼ばれる金属にセラミックを焼き付けたものだけでした。セラミックと呼ばれても内面に金属を用いているため、色の再現が難しく、また歯ぎしりの強い方などは欠けてしまうという欠点がありました。また、金属アレルギに方には使いにくいといったことありました。

そうした声もあって数年前から、金属を使わないオールセラミックが出回り始めました。金属を使わないため発色が歯の構造と類似させることができ、メタルボンドよりも奇麗な仕上がりとなります。しかし、メタルボンドより脆く、力のかかりにくい前歯では問題ないのですが、奥歯では簡単に割れてしまうといった欠点がありました。

そして、最近遂にこれまでのセラミックの3倍程の硬さを持つオールセラミックが登場しました。それがこれです。

力のかかる奥歯でもまず割れません。そして、透明度が高いため、下地の歯の色をよく拾ってくれるので、色調も良好です。

最近、奥歯のセラミックはすべてこれを入れています。数ヶ月で何十本も入れましたがまったく割れません。他の先生や技工士に評判を聞いても、凄くいいということです。

これまで、咬む力が強くて奥歯にセラミックを入れられなかった方も、これで安心して治療することができるようになりました。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月13日

イチロー型歯医者

今朝の通勤では人影はまばらで、いつも渋滞している瀬田の交差点付近もガラガラでした。完全にお盆休みモードですね。当院も明日から、3日間お盆休みとさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

さて、先日NHKの番組で総合診断医というのをやっていました。どういう医師かというと、外科や内科といった専門領域にとらわれず幅広い知識で患者さんを診断し、必要があれば専門医に橋渡しをするいわゆるコンダクター(指揮者)のような医師のことです。番組ではイチロー型医師と呼んでいました。

番組に出ていた先生は元々沖縄に勤務していたそうですが、5年前に上京して勤務したところ、あまりにも医療が専門的になり過ぎていたためにかえって病気の診断ができなくなっていることに気づき、総合診療部を立ち上げたそうです。

実はかねてより私も同様の感覚を持っておりました。「え?でも歯科って歯科だけじゃないの?」と思われるかもしれません。ところが歯科も非常に細かく専門化されています。

補綴科:冠橋義歯(クラウン・ブリッジ)部分床義歯(部分入れ歯)全部床義歯(総入れ歯)顎顔面補綴(癌などで顔の一部を失った方の修復)の4科
保存科:修復 歯周病 歯内療法(根の治療)の3科
矯正歯科 口腔外科 小児歯科 放射線歯科 インプラント科 障害者歯科 予防歯科
ざっと数えて14あります。

大学を卒業するとそのうちの1つに所属して専門性を高めていきます。ですから、保存科にはいったらまず入れ歯を作ることはなく、矯正化に至っては歯を抜くこともありません。

大学を卒業すると、大体二つのコースに分かれます。しばらく大学の専門科に残って専門性を高めてから開業するパターンとすぐに開業医に勤務していく場合です。

前者はある技術に特化しているため、特定の科目には強いけれどその他の治療が不得手で、後者は難しいケースはできないけれど易しいケースなら守備範囲が広いといった特徴があります。

どのように技術を伸ばしていくかは個人の先生の取り組み方によって異なりますが、一般的に専門領域の技術を高めていく場合が多いようです。つまり、専門家だけが増えているということになります。

しかし、開業すると診療科目は「一般歯科」「矯正歯科」「小児歯科」「口腔外科」の4つしか標榜できません。つまり、一般歯科には入れ歯が苦手な先生もいれば歯周病が苦手な先生もいるということです。そして、そのことを患者さんはほとんどご存知でない。

このように専門家ばかりいる現在の歯科医療において1つの医院ですべてを高いレベルで治すことが難しいといえます。でも、本当にそれでよいのでしょうか?

患者さんの立場に立ってみれば、一つの医院ですべて治してもらえるのがほんとはありがたいのではないでしょうか?それには、深くて広い知識をもって治療することが必要です。まさに、走攻守そろったイチローのような歯科医師が求められるのではないでしょうか?

私は補綴を専攻しましたがオールマイティな歯科医療を目指し、その後インプラントや保存分野の研修を受けてきました。今回のNHKの番組はそれを後押ししてくれるような内容で、私に取ってはとても心強い応援のように受け止められました。

イチロー型歯医者 なかなかいいネーミングです。これから使わせて頂きましょう。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月 9日

1/1234567の瞬間

暑いですね。ここに来て本当に夏真っ盛りです。
こんな時は家でじっとしていられません。我が家は海!です。

昨年行った下田へ、今年も日帰りの強行突破です。日曜日を避け休診日の月曜日に出かけましたが、それでも片道最低4時間。でも、この奇麗な海を見れば、遠い道のりも吹っ飛んでしまいます。


若いカップルたちを見ながら我が息子は何を考えているのでしょう?


口の中はもちろんのこと、耳まで砂が入ってしまいました。

さて、本題です。よくご覧になってください。

この車、10年乗ってやっとこの走行距離にたどり着きました。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
2011年8月 3日

世間は狭い キャンプ場にて

2日程休診させて頂き、子供を連れオートキャンプに行って参りました。

6月が暑かっただけに、絶対涼しい所と思い、北軽井沢の「スイートグラス」というキャンプ場に出かけてきました。しかも、3泊4日!

ゴールデンウィークに2泊3日でオートキャンプに行ったのですが、それでも物足りないという家族のご要望に応え、腰痛持ちの私には応える日数ですが、子供達のために!!!という思いで思い切りました。

気持ちのいいはずのキャンプ。ところが、問題は天気でした。毎日小雨がパラつく天候で、涼しいどころか寒い。長袖なしではいられません。予想外の寒さに毛布を借りる有様。昼間でもたき火を焚いて暖を取る程。夏とは思えない気温です。

 
ご覧のように、長袖に体の暖まる食事が必要でした。

さて、今回のキャンプでびっくりすることがありました。少年剣道の母親同士で話をしている時に、ある家族が私たちと偶然同じ日に同じ場所でキャンプすることが判明しました。しかも、その家族、我が家と同じマンションで部屋が斜め上というから本当に世間は狭い。

子供は少年剣道で一緒に練習していますし、親同士もよく知った間柄ですから、当然夜はパーティーです。まさか、同じマンションの人とこういった形で食事をすることになろうとは。

天候には恵まれませんでしたが、そんなことにはおかまいなく、休日を過ごして参りました。

世田谷区・用賀の歯科ならヒラノデンタルオフィスのホームページはこちらから

Google +1
ヒラノデンタルオフィス院長平野恭吉

http://www.hirano.dental/
ヒラノデンタルオフィス
院長 平野恭吉

昭和61年東京医科歯科大学歯学部入学
平成4年同卒業
平成4年東京医科歯科大学大学院入学高齢者歯科学
平成4年歯科医師免許取得
平成8年同修了歯学博士
平成8年東京医科歯科大学高齢者歯科学講座医員臨床教育研究を行う
平成10年竹内歯科クリニック(飯田橋)勤務(院長/竹内敏郎(元東京医科歯科大学歯学部臨床教授)
平成14年日産厚生会玉川病院歯科勤務役職歯科医長
平成21年世田谷区用賀にHIRANO DENTAL OFFICE開院

Google +1